医療事務講座 通信コース(スケジュール)

医療事務講座(通信コース)合格までのスケジュール

  • 3つの安心ポイント
  • 合格までのスケジュール
  • 講座詳細

標準学習期間は3ケ月

「仕事を続けながら勉強したい。」「子供がいるので家で勉強したい。」など、通信コースを選ぶ最大のメリットは、自分の好きな時間に好きな場所で勉強ができるという点です。通信生が資格取得にかかる時間は平均3ケ月ですが、無理は禁物です。最後まで自分のペースを守ることが最も重要です。

学習の前に 教材が届いたら学習計画を立てます

就職を視野に、いつまでに資格を取得したいか決めましょう。

修了課題を含む全4回の課題を提出することが資格取得に挑戦する前提になります。このステップにかける期間と学習のペースを考え、無理のないスケジュールを立てることが重要です。

受講スタート

はじめに、医療事務の基礎となる「医療保険のしくみ」を理解します

《学習項目》
医療保険の概要

【学習のポイント】

日本医療事務協会の通信コースで学習する受講生の皆さんのうち、1回目の課題を提出した方のほとんどが無事に講座を修了しています。まず、ここで課題を提出することが資格取得への第一関門です。

十分に理解できたら第1回の課題を提出

医療費の算定方法について、基本から段階を追って学びます

《学習項目》
基本診療科、医学管理等・在宅医療、投薬、注射、検査A・B

【学習サポート】丁寧な添削指導で弱点を見逃さない

課題提出で大切なことは、満点を取ることではなく、理解が不足している箇所や間違いやすい箇所を見つけ出すことです。提出していただいた課題には、丁寧な添削とアドバイスをつけてお返ししますので、間違えたところは必ず復習して、弱点を残さないようにしましょう。

十分に理解できたら第2回の課題を提出

主に、医療事務業務の流れや窓口業務について学びます

《学習項目》
医療保険制度、受付・会計・請求、レセプトの記載、点数表の読み方、処置、リハビリテーション

【学習サポート】ポイント動画で理解を深める

テキスト学習に加えて「ポイント解説動画」を視聴することは、難しい項目を正確に理解するだけでなく、現場と学習のギャップをなくし実務に就いてから困らない知識を得るために大切です。特に「受付・会計・請求」といった業務の流れやマナーに関する項目では、現場をイメージしながら学習することがとても大切です。

十分に理解できたら第3回の課題を提出

医療費算定のより専門的な分野へ進みます

《学習項目》
手術・麻酔、画像診断、入院・まとめ

【学習サポート】疑問にぶつかったらいつでも質問を

修了課題提出に向けて、疑問は残さず解決しておきましょう。悩んだらいつでも質問してください。医療事務の勉強では、項目ごとにその知識を積み重ねていくことが必要です。ちょっとした疑問でもその場でしっかり解決しながら進むことが、合格への近道です。

十分に理解できたら第3回の課題を提出

【受験対策】繰り返しの練習が合格のカギ

3回の提出課題で間違っていたところを中心に復習しましょう。苦手なところをノートにまとめておくのもよいでしょう。問題集をくり返し解くことで、ケアレスミスを防ぐことも大切です。

保険請求事務技能検定試験 受験 自宅で受験可能!

合格 受験有効期間は、ゆとりの1年間。マイペースで確実に医療事務の資格を取得!

  • 3つの安心ポイント
  • 合格までのスケジュール
  • 講座詳細

資料を請求する 医療事務まるわかりガイドブックをお送りします 講座を申し込む ホームページからのお申し込みが便利です

トップに戻る